入れ歯

入れ歯の治療

入れ歯の治療
不幸にも歯を失った場合は、入れ歯やインプラントの処置を行います。失った歯を放置していると、口腔内はその状態に合わせて変化します。
さらに、周囲の健康な歯に負担をかけることになり、総じて口腔内環境を悪化させてしまいます。

歯が抜けたまま放置していませんか?

たった一本でも歯を失うと、歯列に空間ができて違和感が生じます。食べ物を摂る際にも不適切な噛み方をするようになります。周りの目が気になり、大きな口を開けて笑えなくなるかもしれません。それだけでなく、歯が抜けた箇所を放置すると反対側の歯が出てきたり、隣の歯が斜めに傾いてきたりと歯列に変化が起こります。

また、抜けた箇所の顎の骨が吸収されて減ることもあります。このような状態を放置していると、噛む回数が減ることで消化器官に負担をかけ、脳の機能が低下する恐れもあります。歯の欠損は、全身の健康にまで影響を及ぼすと言っても過言ではないのです。

自分に合った入れ歯を
選択

自分に合った入れ歯を選択

失った歯の機能を補う治療として、代表的なものはインプラントです。しかし、手術を伴う治療であるため、患者さまの健康状態によっては不適合となるケースもあります。この場合は入れ歯による治療法を選択し、一人ひとりのお口に適した義歯を作製します。

近年は、目立ちにくい器具の登場やインプラントと組み合わせた総義歯など、入れ歯治療も進化しています。ただし、大切なのは、患者さまのお口の状態にぴったり合う義歯を作製するかです。当院では、ベテランの歯科技工士とも連携し患者さまのご希望に沿って適切な方法をご提案しています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属製のクラスプ(歯を支える金具)がなく、薄くて軽く、目立ちにくいことが特長です。審美性に優れ、口を開けて笑っても入れ歯だとほとんど気づかれません。弾力性がある樹脂素材を使用しているため、落としても割れにくく、装着時の違和感がありません。

金属ではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用した治療方法になります。
リスクとしては、どの入れ歯もそうですが過度な衝撃や噛み合わせによっては壊れることがあります。 また、他にも入れ歯が動きやすいという点があげられます。(材質に柔軟性があるため)

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

金属が持つ高い強度のおかげで床の厚みが保険診療の入れ歯の1/3程度と、その薄さが特長です。高い熱伝導率で飲食物の温冷を感知します。また、バネが小さいためお口の中が広く感じるので、舌が動かしやすいというメリットがあります。

床に金属を使用した治療法となります。
リスクとしては、金属を使用した治療法となるため破損した場合の修復が難しいという点があげられます。

チタン床義歯

チタン床義歯

金属床の中でもチタンを使用した治療法で、最も薄いため軽く、装着感も良好です。また、チタンは人工関節やインプラントの材料としても使われる素材のため、体への親和性が高いと言えます。プラスチック義歯に比べて汚れがつきにくく、入れ歯を清潔に保てることも特長です。

チタン床義歯は少々金額が高いという点がデメリットとしてあげられますが、金属アレルギーのリスクも少なく安心して装着できる点があります。

料金表

料金表は料金表をご確認ください。

ご予約・お問合せはお気軽に

  • 03-5791-5155
  • 24時間ネット予約受付中

五反田や大崎周辺にお住いの方でお口のことで
お困りでしたらご相談ください。
短期集中治療の品川御殿山クレイン歯科