矯正治療

目立ちにくい矯正治療

目立ちにくい矯正治療

鏡を見たとき、ご自分の歯並びに満足している方は、どれ程いらっしゃるでしょう。密かにコンプレックスをお持ちの方も多いのではないかと思います。

歯並びは見た目の美しさだけではなく、噛み合わせや歯磨きのしやすさなど、機能的な面でも重要な意味を持っています。噛み合わせが悪いと、頭痛や肩こり、耳鳴りや不定愁訴など、全身の健康に影響が出る場合もあります。

矯正治療は歯並びの悪さを改善し、QOL(生活の質)を向上させる治療です。当院では患者さまのご負担が少ないマウスピース型の矯正治療を行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

目立ちにくいマウスピース型矯正装置(インビザライン)

目立ちにくいマウスピース型矯正装置(インビザライン)

矯正治療に興味はあるけれど、二の足を踏んでしまう方が多い理由には、矯正治療に対する不安が挙げられるのではないでしょうか。

「お金がかかる」「痛そう」「歯磨きが大変」「目立つのがイヤ」「時間がかかる」「食事が美味しく食べられないのでは」など、マイナス面ばかりが目についてしまうのも、仕方のないことかもしれません。

当院の矯正治療は、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を採用しています。ワイヤーの矯正装置の代わりに透明なマウスピースを装着していただく治療法で、従来のマウスピースと比べても「より薄く」「より覆う範囲が少ない」などのメリットがあります。

ワイヤーを使った矯正装置は自由に取り外しができませんが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は食事や歯磨き時にご自分で外せるため、お口の中を清潔に保つことができます。ずれたり外れたりする心配がなく、違和感があればすぐにご自分で取り外せるため、安心してお使いいただけます。

また、オーダーメイドの装置のため、一見すると治療中であることがわからないほど目立ちにくく、接客業をなさっている方や芸能人、アナウンサーなど、人に見られる機会の多い職業の方に愛用者が多いことも特徴です。

とは言え、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、すべての方に適応するわけではありません。マウスピース矯正のデメリットは難症例に対応できない点、装着時間が長いことがあげられるため、当院では、一人ひとりに合わせた治療法をご提案できますので、まずはお気軽にご相談ください。

>薬機法において承認されていない医療機器について
※完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、 承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

無料カウンセリングを
ご利用ください

無料カウンセリングをご利用ください

矯正治療に興味がある方、相談したいけれど費用がかかるのでは?と心配なさる方がいらっしゃるかもしれません。たしかに、矯正治療は自費診療になるため、経済的なご負担が大きくなる傾向があります。矯正治療にかかる費用のほか、初診時のカウンセリングや検査などに費用がかかるクリニックも少なくありません。

当院では、審美性や口腔機能改善・回復のための矯正治療をより多くの患者さまにご提供したいと考え、カウンセリングを無料で行っています。

初回の無料カウンセリングには、パノラマレントゲン撮影・口腔内撮影・歯型の模型製作・CT撮影などが含まれます。初回カウンセリングでお口全体の状態を把握し、患者さまにとって適切な矯正治療の方法、治療期間や費用などについてもご提案します。

矯正治療は見た目を改善するだけでなく、身体全体のバランスを改善し、より健康的な生活を送れるようにするものです。これまで矯正治療をはじめることに躊躇していた患者さまも、ぜひ一度カウンセリングを受けてみませんか? カウンセリングを受けたからといって、治療を強制することは一切ありません。どうぞお気軽にご相談ください。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療料金表

(税込)

ご相談、パノラマ写真、口腔内写真
模型製作、CT写真
無料
精密検査 33,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 825,000円

矯正歯科の流れ

ご相談

1ご相談
歯並びや噛み合わせについて、気になることを何でもご相談ください。矯正治療について大まかなご説明をします。

精密検査

2精密検査
レントゲン撮影、歯型の採取、噛み合わせの確認など、診断のための検査を行います。

治療計画のご説明

3治療計画のご説明
検査結果をご説明し、治療計画をご案内します。

治療・通院

4治療・通院
治療計画にご納得いただけましたら、治療を開始します。

治療後の経過観察

5治療後の経過観察
歯並びが整ったら、保定装置( リテーナー) をつけて経過観察を行います。

未承認医薬品を用いた治療について

未承認医薬品を用いた治療について

① 未承認医薬品であることの明示
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、薬機法上の承認を得ていません。

② 入手経路
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社の製品であり、 アライン・テクノロジー・ジャパン社を介して入手しています。

③ 国内の承認医薬品等の有無の明示
国内でもマウスピース型矯正装置(インビザライン)に似た装置があり、国内で薬事承認さ れているものもあります。日本で医療機器としての矯正装置と認められるものは、次の2点 を満たしたものです。 ・薬事承認されている材料を使用していること ・既製品の場合は、その装置が薬事承認されていること ※日本の国家試験に合格した歯科医師もしくは歯科技工士が製作した矯正装置の場合は、 医療機器ではなく「歯科技工物」に該当します。

④ 諸外国における安全性等に係る情報の明示
マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、世界 100 か国以上の国で提供され、800 万 人を超える患者様が治療を受けられている治療方法で、重篤な副作用の報告はありません。 (2020 年 1 月時点)日本においては、薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用 被害救済制度の対象外となる場合があります

ご予約・お問合せはお気軽に

  • 03-5791-5155
  • 24時間ネット予約受付中

五反田や大崎周辺にお住いの方でお口のことで
お困りでしたらご相談ください。
短期集中治療の品川御殿山クレイン歯科